2021年シーズンの年俸調査結果の発表

日本プロ野球選手会では、1980年以来、選手会に加入する日本人の支配下選手を対象に、毎年年俸調査を行っておりますが、2021年の調査結果を本日発表いたしました。
本年度、調査対象となった日本人選手は730名。平均年俸は4174万円となり、前年に比べて0.4%減という結果になりました。

球団別の比較では、ソフトバンクの支配下選手の平均年俸が6932万円で12球団トップで2連覇、昨年から上位3チームは変わらず巨人が6587万円で2位となり、続く3位の楽天が5887万円、以下、4位西武(4114万円)、5位が広島(4024万円)、そして阪神が11位に大きく順位を落としています(過去10年ですべて6位以上)。リーグ別では、セ・リーグの平均が3962万円(360名)、パ・リーグの平均が4381万円(370名)でした。


昨年からのコロナ渦に伴った各球団の大幅な収入減も関わらず、支配下選手の平均年俸が初めて4000万円を超えた昨年と大きな変化はなかったのは、120試合での実数評価をしてもらえたからだと思います。
当会ではこの継続的調査のデータをもとに、国内外のプロスポーツの動向も視野に入れながら、日本の野球の発展のために役立てていきたいと思います。

なお本年俸調査は、消費税抜きの金額で行っております。
詳しいデータはこちらをご覧ください。

http://jpbpa.net/research/


▲ページのトップに戻る