平成29年度臨時大会を行いました。

7月14日、選手会は名古屋市内のホテルで、一般社団法人臨時総会および組合臨時大会(年に2回の選手会大会のうち夏の大会をこう呼称します)を実施しました。

焦点となったのは、昨年12月の大会で決議した契約更改におけるコミュニケーション改善の要望。当会では今年2月のキャンプ期間中に実施したミーティングでの契約実態のヒアリングや、各球団別の契約更改満足度調査などの結果を踏まえ、NPBとの事務折衝を通じて、金額の書面提示等、選手が考える時間を持てるようにするための改善を要望してきました。しかしいずれも拒否されたため、方針を協議。事前の書面での通知制度の導入を引き続き要望することや「契約更改満足度調査の結果公開」「今オフにおいての選手会所属選手全員が初回の契約で保留する」「書面提示拒否がオーナーの意思なのかどうかを確認する」などのさまざまな手段が話し合われ、12球団で一致団結して行動していくことを決議いたしました。
また今後は、次回のNPBとの交渉日程である8月29日も視野に入れながら、今オフの改善のために活動していくことを確認しました。
(本件に関する報道関係者向け配布資料を、別途掲載いたします。)

大会出席選手 39名

大野・大谷・西川・中島(日本ハム)長谷川・今宮・柳田(ソフトバンク)角中・岡田・鈴木・二木・田村(ロッテ)炭谷・浅村・菊池(西武)嶋・銀次・松井裕・則本(楽天)T−岡田・山岡・黒木(オリックス)小窪・菊池・丸・田中(広島)、長野・田口(巨人)三上・山崎・戸柱(DeNA)上本・梅野・秋山(阪神)川端・小川(ヤクルト)大島・大野・又吉(中日)


▲ページのトップに戻る