JFAこころのプロジェクト「夢の教室」今年もスタート (ユメセン × 日本プロ野球選手会)

日本プロ野球選手会は昨年、JFA(日本サッカー協会)こころのプロジェクト推進室と連携協定を結び、プロ野球選手を夢先生として小学校へ派遣する「夢の教室」を実施。
各球団から1名の選手を小学校へ派遣しましたが、今年は、参加選手も大幅に増やし継続、実施いたします。
このプロジェクトは、「子どもたちの心身の成長に寄与したい」と、日本サッカー協会が2006年2月に立ち上げ、2007年4月より「夢」をテーマに「夢の教室」をスタートさせたもの。
以降、他スポーツ選手やスポーツ界以外からも「夢先生」が小学校や中学校へ派遣され、昨年から当会の協力でプロ野球選手も参加。「夢の教室」と呼ばれる授業を通じて、仲間と協力することの大切さや、夢を持つこと、それに向かって努力することの大切さなどを伝えています。

今年は、ベテランから若手まで33選手が意義に共鳴して名乗りを上げ、全国の小学校で、12月、1月のオフ期間を通じて派遣されます。

「夢先生」派遣予定選手

広島  大瀬良大地・田中広輔・堂林翔太
巨人  重信慎之介・山本泰寛
DeNA  山康晃・三嶋一輝・須田幸太
阪神  原口文仁・山本翔也
ヤクルト 西浦直亨・谷内亮太・杉浦稔大
中日  又吉克樹・福谷浩司・杉山翔大・大島洋平
日本ハム 鍵谷陽平・近藤健介・大嶋匠
ソフトバンク  千賀滉大・五十嵐亮太
ロッテ  肘井竜蔵・二木康太・中村奨吾
西武 十亀剣・菊池雄星・金子侑司
楽天 中川大志・阿部俊人・
オリックス 山福也・佐藤世那・若月健矢


▲ページのトップに戻る