日本プロ野球選手会声明文発表について

日本プロ野球選手会声明


昨年10月、現役選手が野球賭博に関わったことが明らかになって以来、選手会ではNPBと共に事実関係の確認を行い、2月のキャンプ期間中は各球団選手会を巡回し、再発防止のための研修や対話を重ねてきました。

しかし、その後新たに賭博に関わっていた選手や、それ以外にも金銭をともなうやり取りがチーム内で行われていることも明らかになりました。社会人、野球人として賭け事、選手相互間の金銭のやり取りに対する認識の甘さが、ファンの皆様のプロ野球への期待、信頼を裏切る深刻な事態を招いたことを深く反省しています。

選手一人ひとりがプロ野球選手としてのあり方を問われている今、NPBとともに再発防止に真摯に取り組むことはもちろん、私たちプロ野球選手が、社会からどのようなまなざしが注がれ、誰によって生かされているのかを改めて自覚し、自らを律する姿勢のもと、ファンの皆さんにこのようなことを二度と起こさないことを誓います。


日本プロ野球選手会 会長  嶋 基宏
福岡ソフトバンクホークス選手会長  長谷川勇也
北海道日本ハムファイターズ選手会長  大野奨太
千葉ロッテマリーンズ選手会長  岡田幸文
埼玉西武ライオンズ選手会長  炭谷銀仁朗
オリックス・バファローズ選手会長  伊藤 光
東北楽天ゴールデンイーグルス選手会長  赤見内銀次
東京ヤクルトスワローズ選手会長  川端慎吾
読売巨人軍選手会長  長野久義
阪神タイガース選手会長  上本博紀
広島東洋カープ選手会長  小窪哲也
中日ドラゴンズ選手会長  大野雄大
横浜DeNAベイスターズ選手会長  山口 俊


▲ページのトップに戻る