海外のプロ野球およびスポーツ関係者よりよせられた、お悔やみのメッセージです。

故・松原徹事務局長の訃報に際しまして、海外のプロ野球およびスポーツ関係者よりお悔やみのメッセージを多数、いただきましたので、ここに紹介いたします。



メジャーリーグ選手会(MLBPA)事務局長 トニー・クラーク氏

松原さんが亡くなったことを知り、大変悲しく思っています。
メジャーリーグベースボール選手会と そのメンバーを代表して、親愛なる友人そして同僚であった松原さんのご遺族に心よりお悔やみを申し上げます。
厳しい状況の中で、松原さんは、日本のプロ野球選手達が球界において公平な待遇を得られるために惜しみなく働き続けました。
またワールド・ベースボール・クラシックをトップクラスの国際トーナメントにすることができたのは、松原さんのおかげです。
野球そして野球選手に対しての彼の情熱と思いの深さが思い出し、今後もとても寂しく思うことでしょう。
私どもの思いは、松原さんのご遺族、友人そして同僚の方々と共にあります。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。



世界選手会連合 UNI World Athletes会長、メジャーリーグ選手会(MLBPA)元事務局長 ドン・フェアー氏

彼とは15年以上の付き合いになります。彼は常に全力で選手のために尽くし、労働組合を取り巻く難しい環境の中で、選手のためにベストの仕事をしていました。素晴らしい人物でした。
心からの哀悼の意と、私が彼との友情を大切にしていたこと、彼が選手のために行ったことすべてについて敬意を持っていたことを、ご遺族にお伝えください。



メジャーリーグ選手会(MLBPA)日本事務所元代表 ピーター・ミラー氏

※(父はメジャーリーグ選手会を世界最強の労働組合に育て上げたことで知られるMLBPA元事務局長マービン・ミラー氏)


そのような若い年齢で松原さんが亡くなったことを知り、非常に悲しく、ショックを受けています。
彼は偉大なリーダーであり、偉大な人物でした。私の父は彼に会うのを楽しみにしており、日本の野球選手のために同じような熱意をもって取り組んでいると感じていました。
また、私は彼との付き合いをとても楽しんでおり、彼は私の父のように常に現実的で誠実でした。
この悲劇的な喪失に、松原さんのご遺族、そして日本プロ野球選手会のみなさまに、心からお悔みを申し上げます。



世界選手会連合 UNI World Athletes事務局長 ブレンダン・シュワブ氏

尊敬していた人物を失った我々の悲しみは、日本プロ野球選手会、そのメンバーやスタッフと同じ気持ちでしょう。
松原徹さんは25年以上にも渡り、組合を通じて日本野球界において選手や試合へ奉仕し、私たちの活動の伝説でした。
彼の2004年のストライキでのリーダーシップはスポーツにおける選手の役割を変えることとなりました。本当に惜しい人材をなくし、無念です。
心よりお悔やみ申し上げます。



世界選手会連合 UNI World Athletes前事務局長 ウォルター・パーマー氏

松原さんの家族と日本プロ野球選手会に心からお悔やみ申し上げます。惜しい人材をなくし無念です。
世界のアスリートの権利のためにという、彼のホスピタリティーと意欲に私はとても感謝していました。彼は間違いなく重要な財産を残してくれました。



アメリカンフットボール選手会(NFLPA)事務局長 デモーリス・スミス氏

アメリカンフットボール界のあなたの兄弟・家族より、心からお悔やみ申し上げます。



オーストラリアンフットボール選手会(AFL Players)事務局長 ポール・マーシュ氏

オーストラリアの全友人より、心からお悔やみ申し上げます。
とても悲しい知らせです。



国際プロサッカー選手会(FIFPro) フレデリック・ウィニア氏

国際プロサッカー選手会を代表し、日本プロ野球選手会と松原さんのご遺族に、心からお悔やみ申し上げます。
我々すべてにとっての喪失です。



国際クリケット選手会(FICA)代表 トニー・アイリッシュ氏

世界のクリケット選手たちを代表して、選手会活動のリーダーの喪失に心からお悔やみ申し上げます。



国際ラグビー選手会(IRPA)代表 ロブ・ニコル氏

我々の仲間は、みなさまや松原さんのご家族のことを想っています。
早すぎるし、これから厳しい道となるでしょう。お悔やみ申し上げます。



韓国プロ野球選手会(KPBPA)事務総長 パク・チュンシク氏

日韓のプロ野球交流と野球の世界化のため尽力された松原徹事務局長のご逝去は、日本プロ野球界だけでなく世界野球の大きな損失に違いありません。
松原事務局長は、野球選手の権益を保護し選手の価値を高める上で合理的な調停者として大きな役割をなされ、韓国プロ野球選手協会のお手本となりました。
韓国プロ野球選手会は、松原事務局長の心のこもった助言と配慮を忘れることなく、松原事務局長の友情を永遠に心に留めます。



台湾プロ野球選手会(TPBPA)理事長 義大ライノス 胡金龍選手

松原事務局長が20日病院で亡くなられたことを知り、大変な驚きとともに、深く心を痛めております。
松原事務局長のご逝去は日本のプロ野球界にとって大きな損失であり、生前に日本のプロ野球選手会の為に尽力して来られた貢献に対して心より敬服致しております。
松原事務局長を始めとする皆さんの努力の結果として、日本でのプロ野球選手と選手会の地位と権益は大きく飛躍致しました。
我々台湾プロ野球選手会も松原事務局長と皆様のこれまでの姿勢と精神を学んでいきたいと思っております。
松原事務局長とのお別れに今一度心痛と惜別の意を表しますとともに、台湾プロ野球選手会全体として心からの哀悼と遺憾の意を申し上げます。
シーズン中ということで、葬儀に駆けつけて哀悼を捧げる事ができず誠に申し訳ございません。




▲ページのトップに戻る