嶋、東出、森の3選手が「鎮魂の碑」に献花を行いました。

戦後70年の節目の年に際し、日本プロ野球選手会では、日本野球機構、野球殿堂博物館と協力する形で、17日、東京ドームにある、戦没した野球選手のために建立された「鎮魂の碑」に献花を行いました。
この鎮魂の碑は1981年に後楽園球場脇に建立され、88年に東京ドーム近くに移設。
伝説の名投手、沢村栄治をはじめ、現在73選手が祭られています。

17日は、年に2回の選手会総会、そして東京ドームでオールスター第1戦が控えているのに先立ち、朝9時半に組合の嶋基宏選手会長(楽天)、一般社団法人の東出輝裕理事長(広島)、そして森友哉選手(西武)の3選手が集合。

あらためて鎮魂の碑についての説明を受けた後、移動し、報道陣の待ち受ける中、碑に向き合い、一礼の後、献花を行いました。

その後の会見では、嶋会長が「戦争で亡くなられた方の思いを引き継ぎ、プロ野球の発展に貢献していきたい」。
東出理事長も「当たり前のようにお客さんの前で試合ができることの幸せを噛みしめたい」と述べ、志半ばで戦地に赴いた先輩たちを偲んでいました。

また野球殿堂博物館では、さらに現在祀られている方やそれ以外の方も含め、戦没された野球人の調査についても戦後70周年を機にあらためて情報収集に取り組んでいます。

野球殿堂博物館「鎮魂の碑」
※ページの最後に連絡先を記載しています

http://www.baseball-museum.or.jp/guide/floor/cenotaph.html


▲ページのトップに戻る