一般社団法人通常総会および組合定期大会を実施しました。

12月4日、選手会は大阪市内のホテルで、一般社団法人通常総会および組合定期大会を実施しました。
組合では主に年間を通じ、選手会が個々の選手と意見交換をしながら進めてきた問題をテーマとし、昨年目立った減額制限越える契約の問題をはじめ、ファームの出場機会不均衡、移籍機会の増やす意味ための現役選手ドラフト制度の検討などを議論。中でも特に「セカンドキャリア」の問題に時間が割かれ、セカンドキャリア支援充実は球界の発展にも直結する問題であり、選手会だけでなく球界全体で連携できる体制をめざすことを確認しました。

また一般社団法人では、セカンドキャリア施策の一環として、SBヒューマンキャピタル株式会社との連携による引退後のプロ野球選手のセカンドキャリア支援サービス「イーキャリアNEXTFIELD」の開始も発表。
引退選手は、同サービスが提供する専用WEBサイト上で、引退選手専用のパスワードを入力することでいつでも求人情報を検索することができる他、気になる求人があれば「イーキャリアNEXTFIELD」(キャリアコンサルタント)が就職までのサポートを受けられたり、職業に必要な研修を受けることが可能となります。
今後はこうしたサービスの拡充を図っていくとともに、選手会では、現役中からセカンドキャリアに向けた正しい認識を育んでいくフォロー体制を確立していきます。

イーキャリアNEXTFIELD 一般向けサービス紹介ページ
http://nextfield.ecareer.ne.jp/ 
※選手専用エリア、参画企業エリアは関係者のみのご利用となります。

大会出席選手 35名

嶋、藤田、銀次、松井裕(楽天)牧田、秋山(西武)成瀬、岡田、角中、唐川(ロッテ)本多、松田、柳田、今宮(ソフトバンク)坂口、伊藤(オリックス)
大野、中島、浦野(日本ハム)村田(巨人)上本、清水(阪神)東出、梵、前田 丸、菊池(広島)大島、大野、平田(中日)下園、井納、黒羽根(DeNA)
森岡 川端(ヤクルト)


▲ページのトップに戻る