プロ野球経験者の学生野球資格回復のための研修制度実施について

プロ野球経験者の学生野球資格回復のための研修制度実施について

日本野球機構および日本プロ野球選手会は、かねてよりプロ野球経験者が学生野球の世界に戻るための新たな規則等を話し合う「学生野球資格に関する協議会」を日本学生野球協会とともに重ねてまいりました。その結果、6月11日に資格回復に必要なNPB側、学生野球側双方の研修内容が合意に達し、14日には日本高等学校野球連盟の評議員会で承認、本日18日には、日本学生野球協会の理事会承認を経て最終決定となりました。
つきましては、本件の承認に至るまでのあらゆる経緯において、ご理解、ご尽力いただいた関係者の方々に深く御礼申し上げます。

これを受けて、今後は、プロ野球経験者が学生野球について理解を深めるための「資格回復研修」の最終的なカリキュラム整備と、研修実施の周知、受講希望者受付の段階に移行いたします。学生野球への野球指導を希望するプロ野球経験者は、学生野球と接触するうえでのこれまでの制約を解除するための「学生野球資格回復研修」を、NPB側(1日)、学生野球側(2日間)の二段階に渡って受講。双方の受講終了、学生野球協会の承認を持って、資格回復となります。

プロ側主催「学生野球資格回復研修」*仮称(1日)

学生野球とプロ野球の歴史的経緯や新人獲得ルール等を含む内容の1日の研修。実施日時は下記のとおりです。募集要項は7月上旬に告知予定です。なお、既に大学等で指導を行っている大学野球監督の元プロ等、アマ指導実績者等については、指導現場での混乱を避けるため、特別枠研修を夏に実施します。

<研修実施日>
東京:11月9日(土) 大阪:11月10日(日)

学生野球側主催「学生野球資格回復研修」*仮称(2日間)

NPB側研修修了者(上記特別枠研修修了者を含む)を対象に、学生野球において具体的に留意すべき点等を中心とした、学生野球側主催による2日間の「学生野球資格回復研修」を本年12月以降、東京・大阪でそれぞれ2回実施する予定と聞いております。

なお、日本野球機構は、上記学生野球資格回復制度とは別に、学生野球を問わず、ジュニア世代から社会人まで、広く野球指導者となるためのスポーツ科学の知見習得などを通じ、指導技術向上を希望する対象者のためのNPB公認指導者ライセンス制度を設置。2月および3月に、指導者ライセンス制度取得のための3日間の実技講習を行う予定です。


平成25年6月18日


一般社団法人日本野球機構
公益社団法人全国野球振興会
(日本プロ野球OBクラブ)
一般社団法人日本プロ野球選手会


▲ページのトップに戻る