「キッズ・ボールパークinくらしき」の実施記者発表を行いました。

日本プロ野球選手会と倉敷市、および野球・ソフトボール活性化委員会(球活委員会)は、昨年に引き続き、野球振興のための幼稚園訪問事業を12月に岡山県倉敷市で行う事を発表いたしました。
倉敷市は昨年7月の西日本豪雨災害の被災地であり、その復興支援の一環として12月1日(日)に倉敷市内の4会場で「キッズ・ボールパークinくらしき」のタイトルで実施。プロ野球選手が幼稚園を訪問し、ボール遊びなどで園児と交流します。

会見には、共催となる倉敷市長の伊東香織氏が来場した他、共催の球活委員会から久保田憲史氏も列席。市長からは、未だに自宅に戻れない方々もいる被災地の現状も踏まえ、プロ野球選手の来訪を楽しみにしていることが語られ、大島洋平理事長(中日)は「昨年初めてこの事業を行って、子どもたちの目を輝きがとても印象的だった。野球に少しでも興味を持ってもらいたい」と抱負を語りました。
キッズ・ボールパークは、昨年は大阪・堺市で第1回が行われ、堺市出身のDeNA・筒香や西武・森らが参加。
24名の選手と市が募集した約600名の地域の未就学児童が交流しました。

今回も、地域在住の未就学児童を対象に、今後募集告知が行われる予定です。

▲ページのトップに戻る