「ベースボールクリスマス2017in秋田」実行委員会結成!

〜11回目は、ハチ公のふるさと秋田県大館市で12月3日(日)実施

オフの選手会最大のファンコミュニケーションイベント「ベースボールクリスマス」の実施都市が秋田県大館市に決定しました。

5月18日(木)には福原淳嗣大館市長を会長に、地元の教育・経済・野球関係者による実行委員会が組織され、森事務局長らが同市を来訪しての設立総会が行われました。

会場はネーミングライツにより今年からニプロハチ公ドームとなった大館樹海ドーム。
秋田杉をふんだんに使ったアーチ状の屋根が特色の国内最大の木造建築物で、野球をはじめ各種スポーツや、モーニング娘。やSMAP等のコンサートなども行われるユニークな施設ですが、プロ野球はイースタンリーグ1試合が行われたのみ。

市長は今年20周年を迎える節目の年にベースボールクリスマスを迎えられることを歓迎、グラウンドでの森事務局長とのキャッチボールを通じて成功を祈願していました。

東北では東日本大震災の年からの福島、宮城、岩手の連続開催以来の4回目で最北の実施地。ドーム球場での実施も初めてです。

ハチ公で知られる国の天然記念物、秋田犬のふるさとであり、郷土料理きりたんぽの本場である大館市。地域とつくるベースボールフェスタならではの秋田らしいプログラムも含めて、企画を準備していきます。
皆さんお楽しみに。


▲ページのトップに戻る