選手会主催『ダイワハウススペシャル プロ野球NO.1決定戦 バトルスタジアム』放送のお知らせ

選手会主催『ダイワハウススペシャル プロ野球NO.1決定戦 バトルスタジアム』放送のお知らせです!

2016年1月10日(日)
午後1時15分〜3時10分(読売テレビ・日本テレビ系列)

 プロ野球12球団の選手が大阪城ホールに一堂に会し、さまざまな競技で競い合うイベントの模様をお届けする。今回で31回目。出場するのは各球団3名ずつ計36名。トリプルスリーを達成するなど去年大活躍だったヤクルト・山田哲人や、メジャー移籍を希望し、その動向に注目が集まる広島・前田健太ら、スター選手が勢ぞろいする。今年もコンセプトは「プロ野球選手たちの真剣勝負」。挑むのは「投げる」「打つ」「守る」「走る」「チームワーク(絆)」という、プロ野球選手本来の能力が求められる競技で、試合さながらの本気の勝負が繰り広げられる。MCは宮根誠司、ブラックマヨネーズ、おのののか。競技解説は山本昌、宮本慎也、赤星憲広、里崎智也が務める。

 12球団を代表する投手たちがコントロールの精密さを競う 『投』No.1決定戦!「ピッチ・ザ・ターゲット」は、90兒擁の的を狙い、どれだけ中心近くに投球できるかを争う。パ・リーグは、昨年「投」の競技にトップバッターで登場し、早々に脱落した楽天・松井裕樹が、「今年こそは頑張る。1年間やって来たことの成果を出したい!」とリベンジに燃える。一方、セ・リーグは、阪神・岩田稔が意気込みを聞かれて「自信しかないです」と強気の発言。しかし広島・前田健太が「岩田さんよりも真ん中に投げて、その自信を打ち砕きたい」と宣戦布告し、会場は大盛り上がりに。果たして有言実行なるのか?また、中日・大野雄大は、競技解説を務める先輩の山本昌に「昌さんの前でいいピッチングできるように頑張りたい」と、山本の独特のピッチングフォームを真似て笑いを誘うが…。決勝では、セ・パの上位2名、計4名が、5マス☓5マスの的をオセロの要領で奪い合う陣取りゲームで、白熱の大接戦を繰り広げる。
 『走』No.1決定戦!「ダイヤモンドダッシュ」は、各球団の走力自慢が対決!ダイヤモンドを模したコースを一周し、マウンド位置に置かれたフラッグを先に掴んだ方が勝利する“野球版ビーチフラッグ”だ。巨人軍が誇る代走のスペシャリスト、37歳の鈴木尚広は「このメンバーの中ではオッサンですが、完走を目指したい!」と、チーム最多盗塁の俊足、ロッテ・荻野貴司を相手に僅差の戦いを繰り広げる。トリプルスリーを達成したヤクルト・山田は「直線が少ないので、走力だけじゃなく(急角度のカーブを曲がる)技術も必要そう」と不安を口にしながらも、西武・秋山翔吾との手に汗握る拮抗した勝負に会場は大興奮だ。決勝はタイムの早かった上位2名による直接対決が行われる。果たして走力No.1の座を掴むのは?
 『打』No.1決定戦!「クラッシュアーチスト」は、球団を代表するスラッガーたちによるフルスイング対決。トスバッティングで5枚の板を貫通させたのち、30m先にあるネットのどの高さまで到達するかを競う。ホームランゾーンにボールを運べば賞金30万円を獲得することができるが、日本ハム・中田翔は「30万円はいらないけど頑張ります」と余裕の宣言。ブラマヨ・吉田も「5枚の壁を感じさせない!」と驚く破壊力の打球を披露する。一方、ヤクルト・山田は「僕はもらえるものはもらっときます」と会場を笑わせる。トス役との息がカギとなるだけに、トスを上げるチームメートの小川泰弘と入念な打ち合わせをし、ホームランを狙いにいくが…。

 そのほか、守備の名手たちが守備力を争う 『守』No.1決定戦!「カミワザキャッチング」では、高さ2mの“外野フェンス”に向って投手が投げたボールを、野手がクリアゾーンでキャッチできるかを競う。この競技にはオリックス・T−岡田、阪神・江越大賀、楽天・銀次らが挑戦。フェンスに激突しながらの果敢なキャッチや、華麗なスライディングキャッチなど、さすがプロ!と思わずうなる、スゴい守備を見せつける!
 最後は全選手による名物競技 『絆』No.1決定戦!「馬跳び日本シリーズ」で、チームワークNo.1を決める。往復50mの勝負で、セ・パそれぞれ6チームで予選を行い、各リーグ上位2チームが決勝に進出する。現役時代は常連だった山本昌も「これは本当にしんどかった」というように、競技直後には疲労困憊で崩れ落ち、酸素吸入する選手も続出。チームの威信をかけ、全力で戦う選手たちに、集まった8700人のファンの盛り上がりは最高潮となる。
 ほかにも、ブラマヨと選手たちのトークコーナー「『話術』No.1決定戦!トークスタジアム」もみどころ。「プロ野球選手になってビックリしたこと」「プロ野球になって悲しかったこと」「ウチの奥様…彼女と…」などをテーマに、とっておきのエピソードで競い合う。前回No.1に輝いたヤクルト・山田は、試合中に見舞われた珍事の真相を明かし、DeNAのルーキー・山康晃は小学3年の時のほのぼのした初恋の話をするのかと思いきや、予想外の衝撃の結末に、ブラマヨも騒然!?
 さらに、スペシャル企画として、球界の至宝、“二刀流”日本ハム・大谷翔平と宮根誠司の対談が実現!宮根ならではの目線で、大谷選手の凄さと素顔に迫る!

<出演>     
MC         宮根誠司、ブラックマヨネーズ、おのののか
競技解説     山本昌(中日OB) 宮本慎也(ヤクルトOB) 赤星憲広(阪神OB) 里崎智也(ロッテOB)
競技アシスタント NMB48(磯佳奈江 内木志 木下春奈 林萌々香 川上千尋)
競技実況     尾山憲一(読売テレビアナウンサー)
イベント進行   立田恭三(読売テレビアナウンサー) 
           諸國沙代子(読売テレビアナウンサー)

出場選手

●セ・リーグ
東京ヤクルトスワローズ    小川泰弘 山田哲人 雄平
読売ジャイアンツ       高木勇人 鈴木尚広 立岡宗一郎
阪神タイガース        岩田 稔 梅野隆太郎 江越大賀
広島東洋カープ        前田健太 會澤 翼 野間峻祥
中日ドラゴンズ        大野雄大 平田良介 大島洋平
横浜DeNAベイスターズ   山康晃 眈觸喊諭〃原将志

●パ・リーグ
福岡ソフトバンクホークス   武田翔太 松田宣浩 川島慶三
北海道日本ハムファイターズ  吉川光夫 中田 翔 西川遥輝
千葉ロッテマリーンズ     涌井秀章 清田育宏 荻野貴司
埼玉西武ライオンズ      高橋光成 森 友哉 秋山翔吾
オリックス・バファローズ   佐藤達也 伊藤 光 T−岡田
東北楽天ゴールデンイーグルス 松井裕樹 銀次 中川大志


▲ページのトップに戻る