キャッチボールクラシック2015開幕!

 今年のキャッチボールクラシック、すでに小学生の部は開幕していますが、7月26日(日)に中学生大会となる『キャッチボールクラシック2015』が福島県を皮切りにスタートしました!


『キャッチボールクラシック2015』

主  催:一般社団法人日本プロ野球選手会
後  援:共同通信社など
協  力:(株)エイブル、家庭教師のトライ、パテックスなど
全国大会:2015年12月6日(日) @マスカットスタジアム


 福島県では、キャッチボールクラシック発祥の地として2011年から福島県中学野球競技力向上委員会の協力を得て県内全6地区で予選会を実施。そして、7月末に予選会を勝ち抜いた30チームで福島県大会を行い、全国大会出場チームを選出しています。記録も全国トップクラスで、他地域では優勝できるような回数でも予選突破ができないケースもあるような高レベルな大会となっております。

 今年の県大会参加は26チームでしたが、例年どおり一回戦から数チームが全国レベルの記録を出して、どこが勝ってもおかしくない緊張感のある大会となりました。
 そんな中、優勝したのは125回を記録した“いわき市立磐崎中学校”。磐崎中学校は8月19日開幕の「全国中学校体育大会」の福島県代表として出場する強豪チームです。今大会も素晴らしいチームワークと集中力で、「野球の強いチームはキャッチボールもうまい」ことを証明してくれました。

 磐崎中学校と共に全国大会出場を決めたのは、“いわき市立中央台北中学校”(118回)と“郡山市立守山中学校”(115回)でした。前述したように、毎年全国トップクラスの記録を出す福島県のチームですが、これまで東北大会(2012年)や全国大会(2013年〜)で全国優勝できておりません。今大会閉会式でも、各学校の先生方から今年の3チームにはぜひキャッチボールクラシック発祥の地である福島県勢初の優勝を勝ち取って欲しいという激励の言葉を選手に贈っていたのが印象的でした。

 今後の『キャッチボールクラシック2015』は、8月に「離島甲子園大会」、「埼玉大会」、「岡山大会」と続き、9月以降も全国各地で開催いたします。今後もHPや選手会公式facebookページでもご紹介していきますのでご期待ください!

選手会公式facebookページ   https://www.facebook.com/jpbpa.net/


▲ページのトップに戻る