ライバル宣言2015

 おまたせしました。毎年恒例の選手会オリジナル企画、日本生命セ・パ交流戦「ライバル宣言’2015」を今年も公開します。

 この企画は、05年の交流戦スタート以来、リーグを越えて対戦するチームそれぞれから、基本的には打者は投手、投手は打者をその理由やメッセージとともに指名するものです。それぞれチームを代表する、エースや4番へ「打ち崩す」「三振取ったる!」 の勢いのあるメッセージ、または「お手柔らかに」といった控えめなメッセージと共に指名するケースや、同じリーグにはいない変則投手や、レジェンドと呼ばれる名選手と一度は対戦してみたいという理由での指名も多いのですが、ライバル宣言の人気を支えるのは、一見、意外な選手に対する指名。理由を見ると「高校時代、地元で宿命のライバル」「子供のころからの憧れの選手」「日本シリーズの借りを返す」「自主トレが一緒」「実家が近所」「元チームメイトの先輩に成長した姿を」などさまざま、その選手ならではの個性や因縁、人間関係が見えてくると、毎年多くの野球ファンの間で話題となっています。

 今年から3連戦、各18試合となる交流戦。球場での観戦やテレビでの観戦時に、このライバル宣言に目を通しておくと、試合観戦がより楽しくなります。ぜひご活用ください。


ライバル宣言2015 はこちら
http://jpbpa.net/rival/


▲ページのトップに戻る