2015年春季キャンプミーティング実施中

 球春到来!今年も12球団のキャンプインに合わせて、日本プロ野球選手会も毎年恒例の各チームとの巡回ミーティングを開始しました。


 巡回ミーティングは、今ではキャンプチームも阪神・西武の2軍のみとなった高知で2月2日から開始。

 練習を終え、食事を済ませた夜の時間帯の各チームの宿舎を訪問し、選手を集めたミーティングを実施しています。内容は現在の選手会の活動や懸案事項、今後の活動方針なども報告や確認ですが、選手の生の意見を吸い上げる貴重な機会となっています。

 そして今年からは1軍・2軍でそれぞれ直面している問題の違いなども踏まえながら、より闊達な意見交換を行うために、1・2軍の実施日を分け、24回のミーティングを行っています。


 さらに新入団選手は、1月の新人研修会ですでに顔合わせは行っていますが、今回も全体の会が終了後、新人のみを個別に集めたミーティングを実施、選手会の成り立ち、歩みを通じて、先輩選手がどのように未来の球界づくりに想いを託してきたかなどが伝えられます。

 また昼間はキャンプが行われる各球場を訪れ、選手だけでなく監督・コーチ・球団関係者などとのコミュニケーションをとるのも重要。7日の巨人のキャンプ地、宮崎サンマリンスタジアムでは同地を訪れていた熊崎コミッショナーとも歓談。今後の球界での連携についても話し合われました。

 キャンプミーティングは、この後、沖縄の離島、沖縄本島のキャンプ地を訪れ、21日までの期間で実施されます。


 また各地では、12球団選手会長からの今年の意気込みもメッセージを集めています。こちらは選手会選手会Facebookで順次アップしていきますので、こちらもお楽しみに。


▲ページのトップに戻る