ベースボールクリスマスIN静岡まであと6日

選手会最大のファンコミュニケーションイベント「ベースボールクリスマス2014IN静岡」が来たる12月14日に草薙総合運動場(静岡市)で32名の現役選手、審判員、OBを集めて実施されますが、これに先立ちイベントに参加予定の選手から、野球振興事業を統括する一般社団法人日本プロ野球選手会理事長である東出輝裕(広島)、そして地元静岡市出身である加藤康介(阪神)の両選手が、静岡市役所を訪れ、田辺市長を表敬訪問しました。

表敬訪問では、冒頭、市長から目前に迫ったイベントへの市民からの期待感を告げられると、両選手も参加選手を代表し、その期待に応えるべく、ファンとの交流への抱負を語りました。

また表敬訪問恒例の成功祈念のキャッチボールも、記者が見守る中、市長は危なげないフォームで二人の選手を相手にこなしていました。

記念写真撮影後も、野球談議は尽きず、サッカーのイメージが強い静岡も、実は野球王国でもあり、これをきっかけにチームプレーなどさまざまなことを学べる野球の素晴らしさに触れるきっかけにしたいとの思いを共有し、イベントの成功を誓い合いました。


▲ページのトップに戻る