マツダオールスターゲーム2011第3戦において出場選手による招待席「オールスターズシート」を設置いたします。

〜復興支援関係者への感謝の印として1,000人を招待


日本プロ野球選手会は、東日本大震災震災復興支援の一環として7月24日(日)に行われる『マツダオールスターゲーム2011第3戦(日本製紙クリネックススタジアム宮城)』において、オールスター出場選手からの招待企画『オールスターズシート』を発表。自衛隊関係者等、復興支援にご尽力された方々約1,000人をご招待することとなりました。

これは復興へはまだまだ長い道のりが予想される中で行われる仙台でのオールスターゲームにおいて、被災者の方だけではなく、日々、被災地支援に尽力いただいている、自衛隊をはじめ、警察、消防、ボランティアの方々等も、ぜひ被災者の方々と、同じスタンドで野球を観戦いただくことに、第3戦の意味があるのではないかとの考えから企画されました。

7月7日の中日対阪神戦の試合前、ナゴヤドームで加藤コミッショナーとともに井端理事長が同席して行われた記者発表では、まず主旨説明にあたった選手会事務局の森次長が「“自分たちに回すチケットがあったら、被災者の方々へ”とおっしゃられるであろうことは承知で、その主旨を説明させていただいたところ、幸いにも防衛省をはじめ、関係諸団体の方々のご理解を得ることとなった。被災地の方々はもちろん、被災地を支え続けてきた方々にも、つかの間のひと時ですが、野球を楽しんでいただければと思います」とコメント。
また社団法人日本プロ野球選手会理事長の井端弘和は、「震災のニュースに触れた時は、一人の人間として、何ができるのだろうという思いでした。やはり自分たち野球選手は、野球を通じて出来ることで、皆さんのお役に立つしかない。自分たちが野球ができるのも、こうした方々が自分たちの代わりに、復興のために頑張ってくれているからだと思います。そういう方々へのささやかな感謝の思いとして、今回の企画を決めました」とコメント。「招待させていただいた方々と、直接言葉を交わすことは難しいですが、自分たちのプレーを通じて、そうした方々への感謝や、敬意が伝わればと思います」と締めくくりました。

今回は、関係者を通じた調整の結果、自衛官の方々が参加の中心となりましたが、今回調整が叶わなかった警察、消防、自治体関係、ボランティアの方々も、復興の担い手であることはもちろんです。選手会では、こうした方々への敬意を表する機会をつくっていきたいと考えております。

また同日、NPBからは東日本大震災によって被災された宮城県、岩手県、福島県の少年野球チームや高校野球部員の方々を中心に「NPBパートナーズシート」に3,000人を招待する企画も発表されました。


▲ページのトップに戻る