第2回「ワールドキャッチボールクラシック IN 大分」1月10日(祝)開催決定

内川(横浜)鉄平(楽天)脇谷(巨人)広瀬(広島)ら県出身選手9人が参加のキャッチボールイベントが、1月10日(祝)別府市民球場にて開催されます。

●オール大分チームによる編成で、プロ9人が来場
日本プロ野球選手会(新井貴浩会長:阪神)では、来る1月10日(祝)、ファンコミュニケーションイベントとして、別府市民球場を舞台に、第2回「ワールドキャッチボールクラシックIN大分」を実施することを決定、先月17日には当会、松原事務局長らが広瀬大分県知事を表敬訪問いたしましたが、このたび参加選手も決定しました。昨年は県外出身選手も含めての構成でしたが、今年はオール大分で編成。メンバーはソフトバンクへの移籍で、より故郷に近い場所に舞台を移した内川聖一をはじめ、今年もチームに欠かせない役割を果たした鉄平(楽天)、脇谷亮太(巨人)、広瀬純(広島)、山口俊(横浜)らの面々。そしてこれからの活躍が期待される日高亮(ヤクルト)、古川秀一(オリックス)、今宮健太(ソフトバンク)、岩尾利弘(西武)ら若手も含め、すべて大分県の高校、大学の出身選手です。

●キャッチボールの国際普及も視野に
日本プロ野球選手会は“選手の視点でできる球界活性化”をスローガンに、プロアマ問題の進展や、独自のファンコミュニケーション活動を重ねてきましたが、05年には野球の原点のキャッチボールが、場所の問題などから、機会が減少していることに危機感を抱き、主力選手を中心に「キャッチボールプロジェクト」を立ち上げ、メーカーとともに怪我をしにくく、素手でも楽しめる“キャッチボール専用球”を開発。ゆうボールの名前で、全国のスポーツショップや、球場で販売、このボールを使った普及活動にはOBや現役選手が関わり、全国でイベントを実施しております。昨年、大分を舞台としたのは約90カ国の留学生を擁する立命館アジア太平洋大学の存在も大きなきっかけでした。地域住民はもちろん。ですが、キャッチボールも野球も知らない国々からの留学生に、野球の原点に接することで、いつの日か母国でキャッチボールの楽しさを伝えてほしいとの思いも込めています。
入場は無料。キャッチボール専用球ゆうボールを持参、またはお買い求めいただければ、キャッチボールにはご参加いただけます。(来場者多数時には入場制限、参加制限を行います)多くの皆様のご来場をお待ちしております。

<イベント概要>


日  時: 2011年1月10日(祝)11時〜15時半(予定)
会  場: 別府市民球場(大分県別府市)
入  場: 入場無料
      *キャッチボール参加者は、キャッチボール専用球“ゆうボール”を持参もしくは
       会場にて購入ください。(一個500円)
       グローブは不要です。(持参して使用も可能)

主  催: 社団法人 日本プロ野球選手会
共  催: 立命館アジア太平洋大学 大分合同新聞社 
      ワールドキャッチボールクラシック実行委員会
後  援: 大分県 別府市 別府市教育委員会
      別府市コンベンション振興協議会・(社)別府市観光協会
特別協力: 株式会社コナミデジタルエンタテインメント 
協  力: 蠡臺銀行 大分ベンチャーキャピタル蝓(棉楙工会議所 
      別府市旅館ホテル組合連合会 大分リース蝓´蠡臺カード 大分保証サービス
      蠡膓箏从儼弍銚Φ羹蝓”榮盪唆鉢蝓´蟲気琉罐曠謄襦〇蓋産業蝓‐野高速印刷
      螢織ぅ札ぁ.皀丱ぅ襯リエイト蝓´螢譽哨優ぅ函´螢蝓Εリエイト


実施内容:
*安全なキャッチボール専用球「ゆうボール」によるキャッチボール教室
*プロからのキャッチボールアドバイス 実践
*キャッチボール上達を競うトーナメント
*選手参加によるミニトークイベント
*その他、学生・実行委員会のアイデアを取り入れたアトラクション
(内容は変更になる場合もございます)

〜参加内定選手ならびにOB(変更の場合有り)
●内川聖一(ソフトバンク) ●今宮健太(ソフトバンク) ●岩尾利弘(埼玉西武)
●鉄平(東北楽天) ●古川秀一(オリックス)
●脇谷亮太(巨人) ●広瀬純(広島)●日高亮(東京ヤクルト)●山口俊(横浜)
◎水上善雄(元ロッテ 前北海道日本ハム監督 日本プロ野球選手会認定指導員)

【参加注意事項】
●当日は厳しい冷え込みが予想されますので、温かい服装でご来場ください。
(クロークやロッカー、更衣室等の設備はございません)
●スパイク、ハイヒール靴等の履き物は禁止です。運動靴、スニーカーなどの
 運動しやすい靴でご参加ください。
●駐車場には限りがあり、満車の場合は入場をお断りする事があります。
 公共交通機関をご利用ください。

【事前了承事項】
※本イベントへの参加は、これらをあらかじめご了承いただいた方のみとさせていただきます。
●実施の模様を、マスコミ取材も含め、参加者を含む形での写真撮影や使用を行います。
●選手へのサインや撮影等、進行の著しい妨げとなる行為が行われた場合には、退場いただくことがあります。
●来場者多数の場合は入場、キャッチボール参加の制限を行う場合があります。   
●選手とのキャッチボール体験は、来場者多数の場合、時間の関係上来場者全員に保証できるものではありません。
●トークショーなど、イベントプログラムの詳細につきましては、本サイトニュースにて随時お知らせの予定です。電話やメール等での参加者個別のお問い合わせには対応しておりません。


▲ページのトップに戻る