シンポジウム「夢の向こうに」今年も開幕!

 高校球児とプロ野球選手による技術指導シンポジウム「夢の向こうに」が今年も開幕しました。2003年から毎年12月、6都道府県をセパ各1球団ずつが担当し、投手、捕手、野手などポジションを調整、計6,7名のパネリストとして派遣し、投球や守備、打撃についての技術を披露、球児からの質問を受け付ける形式で行うのがこのシンポジウム。
 初日の11日には福島に約1800人、山梨に約1200人、翌12日の福井には約800人の高校球児が集いました。

 福島会場(福島文化センター)を担当したのは、東北楽天から永井、伊志嶺、聖澤、東京ヤクルトから田中、飯原、中澤の6人。コーディネーターを栗山英樹氏が務めました。この会場では高校球児全員にシンポジウムに参加して欲しいという、県高野連の方々のはからいにより、大ホールだけでなく、小ホールに舞台映像を中継する形でも参加してもらいました。開会では田中浩康選手が「自分が球児の頃はこのようなイベントはなかったのでうらやましい。高校生だったらどんなアドバイスをもらいたかったかを考えながら、いいシンポジウムにしたい」と挨拶。
 投球のコーナーでは、中澤投手が「変化球を投げる時は、ストレートを投げる時より“腕を振る”ことを強く意識している」、走塁では聖澤選手が「盗塁の時は、一歩目の左足を強く出すことが一番大事」と自分がプロとして培った技術を惜しみなく披露していました。

 
 また、同日の甲府会場(甲府市総合市民会館)では、水上善雄氏がコーディネーターを務め、巨人から松本、仲澤、北海道日本ハムから八木、大野、加藤、そして今オフにオリックスに入団した小林雅英投手も参加。地元への凱旋となった松本選手は、守備についての指導では「送球で注意していることはコースを外さないこととカットマンが取れない高さには投げないこと。たとえワンバン、ツーバンになってもコースがそれるよりアウトになる確率は高いから」とアドバイスを送っていました。また小林投手は「山梨県勢は甲子園で決勝に出ていない数少ない県なのでこれを機にレベルアップして決勝進出、優勝をかなえてほしい」とエールを送っていました。巨人からトライアウトを経てオリックスに入団した小林選手にとっては真新しいユニフォームに袖を通したことになりましたが、オリックスは来季ユニフォームのデザインが変わるため、今回のユニフォームは最初で最後の機会、その意味でも思い出深いシンポジウムになったようです。

 翌日の福井会場には、広島から横山、東出、天谷、齊藤の4選手が参加。東出が敦賀気比出身で、残りの3人が福井商業出身という、オリックスから参加した日高、大引の両選手が「完全にアウェイ」と苦笑するほどのオール福井のメンバーとなりました。
 コーディネーターは湯舟敏郎氏が務め、バッテリー篇では、冒頭から日高捕手に、ワンバウンドしたボールの捕り方、走者がいる状況での心構えやフォームなどを球児の前で披露させ、横山、齊藤の両投手は投球動作だけでなく、牽制の時のフォームも紹介。齊藤投手は走者の「目を見ることの大切さ」なども触れていました。天谷選手の打撃指導コーナーでは、迫力のあるバットスイングに会場からどよめきが起こっていました。

 この「夢の向こうに」は今後、沖縄、三重、滋賀の3県での実施を予定しています。そして来年のオフで47都道府県をすべて回り終えることになります。


▲ページのトップに戻る