第4回『大人の野球教室』を開催しました

〜“大人だってうまくなりたい!”を合言葉に、日本全国から野球人が集結!

選手会は4月24日(土)、川崎市大師球場にて、「大人の野球教室」を開催しました。
今年で4回目となる「大人の野球教室」。4月というのに冷たい雨が降り続けるなか、前日夜まで選手会スタッフも冷や冷やしましたが、当日は幸運にも快晴、グラウンドは少々ぬかるんではいたものの、無事に教室 をスタートすることができました。
今回の講師陣は、萩原康弘(元巨人)、田野倉利男(元中日)、庄司智久(元ロッテ)、松沼雅之(元西武)、水上善雄(元ロッテ)、寺村友和(元ヤクルト)、そして森忠仁 (元阪神)のベテラン勢7名。複数回参加されている受講生の方も多く、受付で講師と声を掛け合うなど、和気藹々としたムードでした。
12時ぴったりにスタートした野球教室。講師やスタッフ紹介といった恒例の開会式進行の最後に、残念ながら37歳という若さで急逝された巨人・木村拓也コーチ、そして年始のキャンプで悲しい選択をしてしまったオリックス小瀬浩之外野手にむけて、同じく野球を心から愛する野球人として、全員で黙祷を捧げました。
その後、参加回数に応じて4チームに分かれ、ローテーションで「打撃」「内野守備」「外野守備」「投球」の講習をみっちりと2時間行い、最後に集大成として模擬試合を行いました。
球場での野球教室の後は、銭湯で汗を流し、川崎市内のホテルに会場を移し、受講生お待ちかねの懇親会を開催しました。教室スタート直後はぎこちなかった受講生の皆さんも、共に講習を受けた野球仲間として、あちらこちらでグループになってさらなる交流を深めていました。毎回のことではありますが、懇親会の場でも熱心に講師に野球の技について質問をされる方も多く、そんな受講生の熱い情熱に講師一同、満面の笑みを浮かべていました。
印象的だったのは、女性陣の皆さん。なんと第2回、3回の教室で親睦を深め、連絡を取り合い、月に1回ほど草野球を楽しまれているとのこと。今回新たに参加された女性の方もさっそくこの”女子sメンバー“に加わった様子、この教室をきっかけに新しい「野球の輪」が生まれ、そして広がっていることに、選手会一同、とても感動しました。
懇親会で一番の盛り上がりを見せたのは、毎年恒例の“受講生スピーチ”、ひとりひとりに講習について、そして野球について、想いのたけを語っていただくコーナーです。遠く山形や京都から駆けつけてくださった方、選手の応援ソングをリクエストに応じて披露してくださった方、少年野球の監督さんで子どもたちに内緒で参加された方など、皆さま個性たっぷりのスピーチを披露してくださいました。
最後に、「大人の野球教室」参加を契機にこれからさらに野球ライフを豊かなものにしてもらいたい、という想いを込めて、毎回ご協力くださっている審判団の方の力強い“プレイボール”コールのもと、2010年春の「大人の野球教室」は閉会となりました。今年は秋にも開催予定、普段から野球をされている方でも初心者の方でも、それぞれのレベルに合った講習を受けることができるのが「大人の野球教室」の特徴です。“大人だってうまくなりたい!”この合言葉を中心に、ぜひまた多くの方にご参加いただきたいと思います。
なお、開催写真や受講者の皆さんのコメントなどは、順次ブログでアップしていきますので、そちらもぜひ、お楽しみください。
選手会では、このような本格的な指導と同時に、多くの方にキャッチボールの楽しさを味わっていただきたいという願いを込めて、キャッチボールプロジェクトを展開しています。親子はもちろんのこと、女性やご高齢の方など、初心者から経験者にいたるまで、どなたでもご参加いただくことができます。開催については順次ホームページでご案内していきますので、ぜひチェックしてみてください。

▲ページのトップに戻る