ライバル宣言 あいつには絶対負けない!

2015

日本プロ野球選手会では、05年の交流戦開始から続く独自企画として、選手アンケートに基づく日本生命セ・パ交流戦「ライバル宣言‘15」を本年度も実施します。

 これは交流戦で対決するチームそれぞれから、基本的には打者は投手、投手は打者を、対戦してみたい理由やメッセージとともに指名するもので「実は高校時代のライバル」「入団前から憧れの選手」「ゴルフでは負けたけど野球では負けない」「キャンプ前の自主トレ仲間」「日本シリーズでやられた借りを返す」などさまざまな理由から、意外な選手間の思い入れや、人間関係が見えてくるとファンの皆さんには好評です。

 今年は試合数も変更され、交流戦記者発表では12球団から主力選手が集いセ・パのリーグ対抗色が濃厚になるなど新たな交流戦のスタートとなりました。「ライバル宣言」も選手会Facebookページ(https://www.facebook.com/jpbpa.net/)にてピックアップしたものを掲載していきたいと思います。選手のプレーだけでなく、対戦している選手の裏側にどんな思いがあるかを「ライバル宣言」でチェックしながら交流戦をお楽しみください。


 今年のセ・パ(投手・野手)で最も多く指名されたのは以下の選手でした!
前田健太投手(広島)は4年連続のリーグトップ指名数です。大谷翔平投手(日本ハム)は打者としても34票入っており、投打で全体の約45%の指名でした。


    パ投手/大谷翔平 投手(日本ハム)  …セ野手の約70%が指名
    パ野手/糸井嘉男 選手(オリックス) …セ投手の約48%が指名

    セ投手/前田健太 投手(広島)   …パ野手の約44%が指名
    セ野手/鳥谷 敬 選手(阪神)、山田哲人 選手(ヤクルト) …パ投手の約32%が指名


※基本的には打者対投手ですが、選手によっては気になる選手という意味でそれ以外の指名もあります。
※回答にあたり、人数及び対象球団については、選手の任意ですので、回答のない選手もおります。
※選手の希望などにより、期間中も追加掲載を行います。

12球団選手の「ライバル宣言」全一覧はこちら

▲ページのトップに戻る