松原徹を偲ぶ会が行われました

9月20日に亡くなった当会事務局長、松原徹(享年58)を「偲ぶ会」を11月30日、都内のホテルで行い、約700人にも及ぶ方々に参列いただきました。

会は日本野球機構の熊崎勝彦コミッショナーの弔辞ではじまり、就任後のNPB、選手会それぞれの立場での交流を通じて事務局長としての選手を思いやる気持ちを感じたと語り、続く前日本労働組合総連合会会長の古賀伸明氏の弔辞では、04年の球界再編問題以降の連合との関係を踏まえながら、選手会との親交の想い出を語っていただきました。

続いて故人とゆかりの深い4人の方々からの挨拶をいただき、伊藤 修氏(株式会社 中日ドラゴンズ 元球団代表)は、立場上、対立する局面もありながら、個人的な交流も含めて互いを積み重ねてきたこと、田名部和裕氏(公益財団法人日本高等学校野球連盟理事)は、03年からのシンポジウム「夢の向こうに」を起点に、プロアマの関係改善に共に歩んできた想い出を、西村欣也氏(株式会社朝日新聞社編集委員)は球界再編問題の渦中、スト突入の前夜のエピソードを、そして最後に古田敦也氏(労働組合日本プロ野球選手会第5代会長 元東京ヤクルトスワローズ)は、球界再編問題では戦友ともいえる立場も含め「素敵な先輩だった、常に野球界に新しいアイデアを出し、最後に病院で会った時にも“野球で天皇杯のようなものができないだろうか”と語っていた」と別れを惜しんでいただきました。

最後に主催者を代表しての森事務局長代行から、参列者への謝辞と残されたものの思いが伝えられ、参列者による献花となりました。

その後は一般献花も行われ、また別室では松原事務局長の足跡を記した写真パネルや映像などとともに、関係者同士が故人の想い出を語る等の時間を経て、閉会となりました。

ご参列いただきました皆様には、この場を借りまして、あらためて深く御礼申し上げます。
ありがとうございました。

加えてこのニュースページを訪れていただいた皆様にも、当日配布いたしました「偲ぶ会」のご挨拶と同じ文面を持って、お礼とさせていただきます。

ご挨拶

本日はご多用のところ、当会事務局 松原徹の「偲ぶ会」にご参会いただきまして誠にありがとうございました。

小学校時代に野球を始め、誰もが抱くプロの夢は大学時代のケガで遠いものとなっていきますが、そこでマネージャーという仕事に出会ったことは、松原さんの運命だけでなく、球界の歴史も変えたのではという気がします。
ロッテで最年少一軍マネージャーに抜擢、細心の心配りや機転、何が起きても何とかするという胆力はこの時代に培われ、そのバイタリティとともに激動の時代の選手会事務局長にふさわしい才能として開花したのでしょう。

「これからは外の意見や視点も取り入れないと未来はない」と球界の常識にとらわれることない発想や人材活用で球界に新しい風を吹き込んだ松原さん。球界再編問題やプロアマ問題の解決、粘り強い交渉の結果、実現したさまざまな制度。多くの人が知る選手会の実績は、まさに松原徹の歩みと重なります。
もちろん1人の力で実現したわけではありませんが、そのリーダーシップが原動力である事は間違いありません。力ずくで引っ張るのではなく、問題を先送りしない覚悟のもと対話の場をつくり、あらゆる立場の方に敬意を払い、心を解きほぐしながら同じゴールをめざすチームをつくっていく。それが松原事務局長のやり方でした。

永遠の別れから早、二か月余。今もその大きさや、こんなにも多くの人々に愛されたのかということを痛感する日々です。
私たちにできることは、立ち止まることなく事務局長が残した命がけの想いを継承していくことだけです。

松原さんの屈託のない笑顔に接してきた皆さんにとって今日のこの日が、それぞれの想い出とともに、松原徹を永遠に刻み込む機会となることを願ってやみません。


2015年11月30日


日本プロ野球選手会 事務局長代行 森 忠仁
                事務局一同


▲ページのトップに戻る