ベースボールクリスマス'11 IN いわき

FOR OUR KIDS
日本プロ野球選手会は被災地向け事業として2011年12月4日「ベースボール・クリスマス2011 INいわき」をいわきグリーンスタジアムで実施しました。地域の野球指導者の子供たちに希望をという思いと、選手会が子供を生み育てる環境づくりを考える“キッズデザイン”とのコラボレーションを選手会がはじめたこともあり、野球のチカラで福島との絆をつくるべく、主旨に共鳴したいわき市とともに実施したイベントです。

実施プログラム

■「開会式」
フラガールパフォーマンス  選手入場〜紹介  開会宣言〜始球式

■第一部 「みんなでキャッチボールしよう」
コーディネーショントレーニング(準備体操)、キャッチボールの基本講座、「みんなでキャッチボールしよう」選手・OBとのキャッチボール

■第二部 「アトラクションコーナー」
○「マウンド付近 ステージ」
「じゃんがら踊り」〜「復興ソングコーナー」
*東北地方を巡回するバスガイド兼シンガーソングライター木村摩周

トークショーPART1  「コナミ日本シリーズの舞台裏」井端(中日)・長谷川(ソフトバンク)他
NPBの森づくり 植樹セレモニー
トークショーPART2  「選手に何でも聞いてみよう」新井(阪神)藤村(巨人)他
「フラガール甲子園」高校生パフォーマンス

○「一塁側ゾーン」
●ブルペン  「キャッチボールクラシック」トライアルコーナー
*選手会が福島の野球関係者とつくりあげている競技の体験コーナー。9人1組が5人と4人に分かれてキャッチボールを開始。2分間で何回できるかを競う。その場でチームをつくって参加も可能
●キッズデザイン体験コーナー
子どもの安心・安全や創造性への工夫が詰め込まれたキッズデザイン製品の展示
アシックス キッズスポーツチャレンジ(子ども向け体力測定イベント)

○「三塁側ゾーン」
●ブルペン「プロのジャッジを受けてみよう」、
*参加者が投げたボールを、プロの審判員がストライク・ボールのジャッジをしてくれるコーナー

○「外野ゾーン」
「コナミ野球であそぼう」コーナー/フリーキャッチボールコーナー

■第三部  「キャッチボールクラシック」チャンピオンシップ
ルール説明 小学生選抜によるエキシビジョン
福島県6地区から予選を勝ち抜いた中学生選抜による決勝戦
優勝チームVSプロ野球代表による最終決戦

■閉会式
プロ野球と福島との絆〜復興を担う子供たちへのメッセージ

参加選手

○参加選手
■現役選手
新井貴浩(阪神)、井端弘和(中日)、大島洋平(中日)、藤村大介(巨人)、
丸 佳浩(広島)、新沼慎二(横浜)、長谷川勇也(ソフトバンク)、平野将光(西武)、伊藤光(オリックス)、菊池保則(楽天)、大松尚逸(ロッテ)、
*当日ファン感謝デーと重なる、東京ヤクルト、北海道日本ハムの選手は不参加

■OB
水上善雄(元ロッテ 前北海道日本ハム二軍監督)、寺村友和(元ロッテ〜ヤクルト〜近鉄)

■審判
山崎夏生 川口亘太 有隅昭二 小林和公 本田英司
敷田直人 秋村謙宏 山路哲生 山口義治 長井功一

■女子野球日本代表
新井純子 里綾実 磯崎由加里 大山唯 *すべて尚美学園大学

実施概要

■名称 ベースボール・クリスマス 2011 IN いわき
■開催日 2011年12月4日 日曜日
■開催時間 11:00〜15:30 ※球場内開門10:00
■入場料 無料
■主催 日本プロ野球選手会
■共催 ベースボール・クリスマス 2011 IN いわき実行委員会
財団法人いわき市公園緑地観光公社
■協力 いわき市、いわき市教育委員会、福島県、一球会、
スパリゾートハワイアンズ、コナミデジタルエンタテイメント、
JTB法人東京、他 企業 団体
■後援 観光庁
■特別協力 (株)エイブル
■運営 日本プロ野球選手会、地域実行委員会ボランティア
立命館大学災害復興支援室ボランティア等
■開催場所 いわきグリーンスタジアム
〒972-8321
福島県いわき市常磐湯本町上浅貝110-33 21世紀の森公園内
■来場数 5000人


▲ページのトップに戻る