キャッチボールクラシック2015群馬大会

 7月5日(日)に群馬県の高崎市城南野球場にて“キャッチボールクラシック2015群馬大会”を開催しました!今回の大会は、BCリーグの群馬ダイヤモンドペガサスと高崎青年会議所とのタイアップ事業として企画されました。

 群馬県内(埼玉県1チームもオープン参加)から硬式・軟式問わず少年野球18チームが参加し、群馬代表を決める熱戦が繰り広げられました。

 ボールの種類を問わず参加できるキャッチボールクラシック。野球の試合では対戦することがないチーム同士の交流もこの大会の魅力のひとつとなっています。
 クラシック競技前には、各チームの練習場所に群馬ダイヤモンドペガサスの選手が巡回してアドバイスしてくれるなど子供たちにとっては贅沢な時間となりました。

 群馬県のこれまでの記録は99回。今回、県内の記録更新が期待されましたが、結果は予選で乗附ライオンズと安中サンダースの99回が最高で、惜しくも新記録達成とはなりませんでした。しかし、その2チームを含め予選の記録はどのチームも僅差だったので、決勝戦は緊張感のある試合になりました。

 決勝戦の結果は、上位4チームが1回差となる大混戦。優勝は乗附ライオンズ(93回)、準優勝は安中サンダース(92回)、3位は高崎ボーイズ(91回)、4位は金古南ホークス(90回)という結果となりました。

 結果発表では、子供たちと一緒にスタンドの保護者の皆さんも大歓声で喜びを表現してくれました!


 群馬県では、来年以降も群馬ダイヤモンドペガサスと高崎青年会議所のタイアップ事業としてキャッチボールクラシックを開催していただけると思いますので、今年参加できなかったチームも次回はぜひご参加ください!



優勝:乗附ライオンズ



2位:安中サンダース                3位:高崎ボーイズ


▲ページのトップに戻る