キャッチボールクラシック inポップアスリートカップ東海大会

 今年から「ポップアスリートカップ」の全国各地の開会式後にキャッチボールクラシックを実施しておりますが、6月20日(土)愛知県常滑市の大曽公園野球場にて、東海大会を行いました。

 東海大会のプロ野球OBゲストは、中日・オリックス・楽天で活躍された山崎武司氏。キャッチボールクラシックの前に、ステップや腕の使い方などキャッチボールの基本動作を子供たちに指導していただきました。

 愛知県はポップアスリートカップでも、全国大会最多優勝の実績がありクラシックも好記録が期待されました。

 決勝進出をかけた予選会では、競技をはじめて経験するにもかかわらず100回を超えるチームが続出!!評判どおりのレベルの高さを見せつけてくれました。


 しかし、決勝戦では予選で好記録を出したチームもミスをしてしまったり、二回続けてノーミスでやることの難しさを感じたかもしれません。今後もキャッチボールクラシックの練習を続け、野球の試合でも送球エラーを減らして、来年の大会にまた挑戦してもらいたいと思います!


 結果は、清洲少年野球クラブ(清須市)が105回で優勝。準優勝は101回の六田ファイターズ(名古屋市)、3位は86回の同数でホーメー少年野球クラブ(豊明市)と筒井ボンズ(名古屋市)となりました。

 選手会公式Facebookページ(https://www.facebook.com/jpbpa.net/)もご覧ください!
※結果は、県別ランキングに反映しています。→ http://jpbpa.net/classic/ranking.php

 次回のキャッチボールクラシックは、6月27日(土)兵庫大会です!



優勝:清洲少年野球クラブ(清須市)



準優勝:六田ファイターズ(名古屋市)



3位:ホーメー少年野球クラブ(豊明市)          3位:筒井ボンズ(名古屋市)


▲ページのトップに戻る