ベースボールクリスマスニュース1

11月22日(木)、12月2日に近づいた日本プロ野球選手会最大規模のファンイベント「ベースボールクリスマス 2012 in 宮城」のPRのため、一般社団法人 日本プロ野球選手会理事長 中日ドラゴンズの井端弘和選手と、東北楽天ゴールデンイーグルスの嶋 基宏選手が、11月22日(木)に村井嘉浩 宮城県知事を表敬訪問しました。
今年6回目となるベースボールクリスマス。
開催地での表敬訪問も初回の泉田新潟県知事、中田横浜市長、嘉田滋賀県知事、石原東京都知事、渡辺いわき市長に続いて6人目です。

宮城県は議会の最中でしたが、県知事は2人の訪問を大歓迎。
井端選手が昨年に引き続いての被災地の開催主旨を話し、嶋選手が選手会の東北と向き合い続けていく姿勢を話すと、「貴重なオフシーズンの時間をありがたい」と知事は感謝。

また野球もお好きだとのことで、選手会が監修したキャッチボール専用球のゆうボールにも関心を示していました。

そして最後は、表敬訪問恒例のキャッチボール。
知事室の中で、グローブまで用意していただいた村井知事と井端・嶋が交互にキャッチボールを行い、フォトセッション。
また記者会見では、井端理事長は「ぜひ、09年の2万3千人を上回る方に仙台に来ていただきたですね」と、アピール。

会見を終えると、翌日のファン感謝デーのために名古屋へ向かいました。
井端選手の往復8時間の長旅が実るよう、たくさんの年齢・性別問わずたくさんの方が12球団色とりどりのユニフォーム姿を見に来てくれることを願っています。

ぜひ「ベースボールクリスマス 2012 in 宮城」最新情報もチェックしてみてください。


▲ページのトップに戻る