キャンプレポート

 宮崎県内では、市内でソフトバンクと巨人、日南市で西武と広島、西都市でヤクルトのファームがキャンプを行っています。
 近年、最多の来客者数を誇るソフトバンクのキャンプでは、平日の雨にもかかわらず、多くのファンが室内練習場のまわりに詰めかけていました。全体ウォーミングアップのあとは各班に分かれての練習です。二年連続の盗塁王、本多新選手会長も左投手の牽制に対応する練習を繰り返し行っていました。プロでトップクラスの成績を収めていても、こういった基本的な練習は欠かせません。

 巨人一軍のキャンプは、昨年から前半を宮崎、後半を沖縄で行っています。こちらも、ソフトバンクに次ぐファンの多さではありますが、報道陣の数では巨人の方が多いような気がします。
 宮崎県総合運動公園内にある、メインの「サンマリンスタジアム」と室内の「木の花ドーム」は約1厠イ譴討い襪燭瓠∩手たちは練習メニューに合わせてワゴン車で移動するため、報道陣もファンも大忙しです。



 2月18日には、サンマリンスタジアムで巨人vs広島のオープン戦初戦が開催されました。巨人一軍は、この日が宮崎キャンプ最終日となり、翌日には沖縄でのオープン戦が入っているため試合終了後に沖縄移動となります。宮崎での開催はこの1試合のみとなっているので、観客動員も多く、早い時期のオープン戦ではありますが主力選手も出場します。



 各球団のオープン戦は、3月からは本拠地に戻っての開催も多くなります。この期間は、新人選手だけでなく今年期待されている若手選手の出場機会が多く見られると思いますので、彼らの活躍にもぜひご注目下さい!


▲ページのトップに戻る