2010年第1回 12球団合同トライアウト

 日本シリーズも終わり新聞紙上の話題もポストシーズンに移る中、このまま終わるわけにはいかない。まだ出来る!もう一度ユニフォームを着るんだという強い意志を持った総勢33名(投手18名、捕手3名、内野手5名、外野手7名)が西武ドームに集まり12球団合同トライアウトが開催されました。
 国内外のプロの球団、社会人、クラブチーム、独立リーグの関係者並びに一般のファン500人が見守る中、行われました。

 各自ウォーミングアップで体を温めた後、注意事項を聞き、キャッチボール、シートノックと進み、いよいよ生き残りをかけた試合形式への勝負が始まった。
投手は打者4人、打者は4〜5打席の勝負、三振、ホームラン、盗塁と様々なプレーがありましたが、結果は如何に?

 開始から4時間参加した選手にとってはあっという間の時間だったと思居ますが、無事怪我もなく終了。
 参加全選手が実力を出し切れたかはわかりませんが、後は結果を待つだけです。合否については1週間以内に直接選手に連絡が行くようになっています。

 残念ながら今回実力が出し切れなかった選手の中には次回24日にヤフードームで行われるトライアウトで再度チャレンジする選手もいるでしょう。


▲ページのトップに戻る